健康は自己責任

健康には自信があった父

 

数年前に、父を亡くしました。
健康には自信があった父ですが、若干腎臓が弱いことは自覚していたため、毎月の通院はかからず食生活にも気をつけていました。

 

毎月、病院では血液検査を受けており、心配ないとの医師からの言葉をもらって安心しながらの生活でした。
そんなある日、父から電話があり、右足が腫れて靴が履けないので病院へ行ってみるとのこと。

 

数日前に、趣味の仲間との旅行で、長時間バスに乗っていたのでエコノミー症候群ではないかと言っていたのですが、病院で詳しく検査しましょうということになり、即日入院となりました。

 

その数日後、医師から告げられた病名は胃がんでした。汗のにおい
他にすでに転移してしまっており、手術ができないこと、余命まで告げられ、家族一同ショックで呆然とするだけでした。

 

父は気丈にも、手術はこわいからできなくてよかった、抗がん剤治療を頑張るからと言いましたが、その内心は私達家族には計り知れないものがあったと思います。偏頭痛薬

 

なぜ毎月診察に行っていたのに、ここまで進行しているものがわからなかったのか?医師のミスではないのか?と私は詰め寄りました。
担当の医師は逃げ腰で、しかし謝罪の言葉もなければ充分な説明もしてくれませんでした。

 

そこで、父には以前お世話になっていた他の科で、以後も懇意にしている医師がいましたので、その医師に相談してみました。レビトラ通販
すると、驚くべきことに、担当医師は血液検査のみ行い、尿検査をしていなかったそうです。尿を検査していれば発見できていたし、毎月行わないとしても、数ヶ月に一度は本来ならすべきことなのに、これは医師のミスだから、病院を訴えればいいとお勧めいただきました。

 

父に言うと、訴えたところで元に戻るわけでなし、揉め事を抱えながら治療するのはストレスになるしどんな扱いを受けるかわからない、その前に、自分は人を恨むことでそれをエネルギーに変えるような考えは持ち合わせてないから訴えないと言いました。

 

その担当医師、担当受診科には不信感でいっぱいになり、相談した医師が総合科の医長でしたので、それ以後はその医師のお世話になり、父も安心して全てを委ねました。

 

半年の闘病の末、父は生涯を閉じましたが、病気を告げられてから今日まで、ずっと私の頭の中には病気発見のためにはどの程度の病気に対する知識が必要なんだろうということがあります。

 

医師にかかっていても大病が発見されなければ命を落とすことになります。

 

健康は自己責任なのは納得できますが、医療の面においても自己責任の割合が高いのだとしたら、大病の前において知識のない凡人はなす術がないのではないか、危機感を覚えます。

 

歯科医療を経験しながら

 

健康的に生きるためには欠かせない歯科医療

 

人が健康に一生を終えるために、決して忘れてはいけない医療があります。
その医療とは、何と言っても歯科医療に他なりません。振り返ってみれば、誰でも1度や2度は、歯科医療のお世話になっているのではないでしょうか?ピル通販

 

そういう私も、今までに何回となく歯科医療のお世話になっており、歯科医療を経験しながら成長してきたと言っても過言ではありません。
古くは、小学生のころに発症した虫歯に始まり、中学生のときに経験した歯科矯正、さらには大人になってから親知らずの抜歯、そして、歯槽膿漏などの歯周病治療など、さまざまな歯科医療を私は経験してきました。白内障目薬can-c

 

私の場合は他人よりもちょっと項目が多いのかもしれませんが、一生の内に歯科へ1回でも通う人は大半を占めるということ聞き及んでいますので、何かしら歯科医療を受けた人は枚挙に暇がないと簡単に想像できます。

 

それゆえに、歯科医療というのはこれからもっともっと進歩していってもらわなければ困る必要不可欠な医療分野です。白内障目薬can-c
歯科医療はどうしても費用が高くなりがちですし、長期化しやすいという特徴があるため、学校や会社へ行くことが日常生活に組み込まれている人にとっては、意外と負担を強いられる医療です。

 

ですから、これからの歯科医療は、費用が安く済み、なおかつ短期間で治療を終えられるような医療を目指さなければいけません。
もしも、費用が安くて短期間で治療を終えられるような歯科医療が実現できれば、どれだけ多くの人の歯の健康が守られるかわからず、とても画期的な歯科医療を期待できるのです。

 

街には数え切れないくらいの歯科がありますが、そのすべてが確かな歯科医療のノウハウを持っているわけではなく、歯科によってばらつきがあるのが一般的です。
ですので、これからはなるべく歯科ごとの格差をなくし、どこの歯科へ行っても高いレベルの歯科医療を受けられるようにすることが、歯の健康をずっと守っていくための歯科医療なのだと私は考えています。