健康は自己責任

健康には自信があった父

 

数年前に、父を亡くしました。
健康には自信があった父ですが、若干腎臓が弱いことは自覚していたため、毎月の通院はかからず食生活にも気をつけていました。

 

毎月、病院では血液検査を受けており、心配ないとの医師からの言葉をもらって安心しながらの生活でした。
そんなある日、父から電話があり、右足が腫れて靴が履けないので病院へ行ってみるとのこと。

 

数日前に、趣味の仲間との旅行で、長時間バスに乗っていたのでエコノミー症候群ではないかと言っていたのですが、
病院で詳しく検査しましょうということになり、即日入院となりました。汗のにおい

 

その数日後、医師から告げられた病名は胃がんでした。
他にすでに転移してしまっており、手術ができないこと、余命まで告げられ、家族一同ショックで呆然とするだけでした。

 

父は気丈にも、手術はこわいからできなくてよかった、抗がん剤治療を頑張るからと言いましたが、その内心は私達家族には計り知れないものがあったと思います。

 

なぜ毎月診察に行っていたのに、ここまで進行しているものがわからなかったのか?医師のミスではないのか?と私は詰め寄りました。
担当の医師は逃げ腰で、しかし謝罪の言葉もなければ充分な説明もしてくれませんでした。

 

そこで、父には以前お世話になっていた他の科で、以後も懇意にしている医師がいましたので、その医師に相談してみました。

 

すると、驚くべきことに、担当医師は血液検査のみ行い、尿検査をしていなかったそうです。尿を検査していれば発見できていたし、
毎月行わないとしても、数ヶ月に一度は本来ならすべきことなのに、これは医師のミスだから、病院を訴えればいいとお勧めいただきました。

 

父に言うと、訴えたところで元に戻るわけでなし、揉め事を抱えながら治療するのはストレスになるしどんな扱いを受けるかわからない、
その前に、自分は人を恨むことでそれをエネルギーに変えるような考えは持ち合わせてないから訴えないと言いました。

 

その担当医師、担当受診科には不信感でいっぱいになり、相談した医師が総合科の医長でしたので、
それ以後はその医師のお世話になり、父も安心して全てを委ねました。偏頭痛薬

 

半年の闘病の末、父は生涯を閉じましたが、病気を告げられてから今日まで、
ずっと私の頭の中には病気発見のためにはどの程度の病気に対する知識が必要なんだろうということがあります。

 

医師にかかっていても大病が発見されなければ命を落とすことになります。

 

健康は自己責任なのは納得できますが、医療の面においても自己責任の割合が高いのだとしたら、
大病の前において知識のない凡人はなす術がないのではないか、危機感を覚えます。

 

健康的に生きるためには欠かせない歯科医療

 

人が健康に一生を終えるために、決して忘れてはいけない医療があります。
その医療とは、何と言っても歯科医療に他なりません。振り返ってみれば、誰でも1度や2度は、歯科医療のお世話になっているのではないでしょうか?

 

そういう私も、今までに何回となく歯科医療のお世話になっており、歯科医療を経験しながら成長してきたと言っても過言ではありません。

 

古くは、小学生のころに発症した虫歯に始まり、中学生のときに経験した歯科矯正、
さらには大人になってから親知らずの抜歯、そして、歯槽膿漏などの歯周病治療など、さまざまな歯科医療を私は経験してきました。レビトラ通販

 

私の場合は他人よりもちょっと項目が多いのかもしれませんが、一生の内に歯科へ1回でも通う人は大半を占めるということ聞き及んでいますので、
何かしら歯科医療を受けた人は枚挙に暇がないと簡単に想像できます。

 

それゆえに、歯科医療というのはこれからもっともっと進歩していってもらわなければ困る必要不可欠な医療分野です。

 

歯科医療はどうしても費用が高くなりがちですし、長期化しやすいという特徴があるため、
学校や会社へ行くことが日常生活に組み込まれている人にとっては、意外と負担を強いられる医療です。

 

ですから、これからの歯科医療は、費用が安く済み、なおかつ短期間で治療を終えられるような医療を目指さなければいけません。

 

もしも、費用が安くて短期間で治療を終えられるような歯科医療が実現できれば、どれだけ多くの人の歯の健康が守られるかわからず、
とても画期的な歯科医療を期待できるのです。ピル通販

 

街には数え切れないくらいの歯科がありますが、そのすべてが確かな歯科医療のノウハウを持っているわけではなく、歯科によってばらつきがあるのが一般的です。

 

ですので、これからはなるべく歯科ごとの格差をなくし、どこの歯科へ行っても高いレベルの歯科医療を受けられるようにすることが、
歯の健康をずっと守っていくための歯科医療なのだと私は考えています。

人間は毎日健康な体と心で過ごす事で幸せな日常が送れるのですが、2年前に突然子宮の病気に
なってしまい2週間の入院をした事で改めて健康とは何かを痛感しました。

 

それまでは出産以外で入院をした事も無く、まさに健康にあぐらをかいた状態で毎日過ごして
いたのです。

 

自分は絶対に病気にはならないと言う何の根拠も無い自信を持っていた事もあり、予想外の入院と
治療に大慌てしてしまったのですが、その時に思ったのが予防医療の大切さでした。白内障目薬can-c

 

健康は何もしていない事で次第にその貯金は減ってしまうのですが、毎日健康のために努力をして
いる方や、病気を予防するために定期的に健診に行っている方、さらには人間ドックに入っている
方の場合は確実に健康貯金が増えているのです。

 

また入院で感じたのは治療代の事だったのですが、比較的症状は軽かった事で手術は免れたものの
もしも手術と言う事になれば治療費もかなり高額になってしまう事や、その間は仕事も出来ないので
確実に収入は減ってしまいます。

 

保険が適用された事でかなり助かったのですが、この保険代も内容を良く確認しておかないと支払われない
治療法もあるので、病気をすると共にかなり暮らしにも悪影響が及ぶのです。

 

最近は高齢化と言うこともあり、病院にかかる費用や保険なども国の負担はかなり大きいものだとニュースでも
見ています。

 

少しでも貢献するためには、今健康である方の場合は特に健康貯金を増やすための予防医療を取り入れてみる
事が大事だと感じています。

 

治療も初期の場合や症状が出る前に検診を受けておく事や、治療を終えておくと結果病気が進行していた
場合に比べるとかなり治療代は安く済みます。白内障目薬can-c

 

この予防医療を今は家族全員に行なっているのですが、私自身も健康で少しでも長生きするための手段と
して、定期的に症状や違和感を感じなくても病院に行って検診を受けています。

 

健康貯金を増やすためにはまず、病気にならないための毎日のメンテナンスと予防医療が肝心です。

医療というと、一般人には関係がなく、すべて「病院における医療スタッフがすべき行為」という認識があるのではないでしょうか。

 

事実、私もそうした認識が非常に強いです。医療行為というのは、ときに命に関わるような重大な行為になることもありますから、
素人が迂闊に施して良い行為ではないという考えがあります。

 

ですが、医療行為のできる人間は1人でも多いほうが良いのもまた事実で、たとえ普段医療行為に従事している医療スタッフではなかったとしても、
最低限の医療行為は身に付けておくべきだと私は思っています。シアリスジェネリック

 

たとえば、人工呼吸と心臓マッサージなどはその典型です。

 

海で溺れた人を助けたときだったり、自動車事故を起こしてしまったときだったり、心配停止になった人の蘇生行為だったりなど、
必要なときに人工呼吸と心臓マッサージという医療行為をするのとしないのとでは、文字通り生存確率が大きく変わってきますので、
手順くらいは覚えておくと、いざというときに人の命を救うことができます。

 

また、同じようにAEDの使い方も覚えておくといざというときに役立ちます。AEDは街中のいたるところに設置されており、
誰でも簡単に使うことができる医療機器ですので、使い方を頭に入れておくことはもはや常識と言えるかも知れません。

 

他にも、普段家庭で起こり得るようなことに対する医療行為として、骨折したときや、子どもが異物を飲み込んだときや、
突然胃痛や腹痛に見舞われてしまったときなど、それぞれの応急処置ができれば、人の健康を守ることに対して大いに役立ちます。シアリス通販

 

これらの医療行為は、知識として覚えていたとしても、いざなってしまうと気が動転してなかなかうまくできないかもしれません。
しかし、それでも知っているのと知っていないのでは、雲泥の差があるということを覚えておかなければならないのです。

 

ですので、たとえ医療スタッフでなかったとしても、最低限の医療行為は身に付けておくべきだと私は思っています。

最近、健康というキーワードが注目されています。
日本は長寿大国なので、老後が長い方がとても多いのです。

 

そこで、重要視されるのが、健康寿命です。
健康寿命とは、介護なしで日常生活を送ることができる期間の事です。

 

いくら寿命が延びたとしても、長期入院するような病気になっていたり、介護なしでは生きられないのは嫌だと思う方が多いと思います。

 

老後、健康に長生きできるようにする為には、遺伝要因もありますが、中年以降の生活スタイルも大きく関わってきます。
特に、カロリー過多でも栄養不足の食事内容を続けている方や、日常生活で運動をほとんどしない方、ストレスを慢性的に抱えている方は要注意です。ダイエットガム

 

大人になれば、身体に良い事、悪い事の判断はできると思いますので、
後ろめたい気持ちになる方は健康な老後の為に、できるだけ質の良い生活を送るように心がけてください。

 

とはいえ、現代では仕事や家事など、日々の生活では自分に構っている時間なんて無い方も多いと思います。
働き盛りの30代〜50代の方は自分を毎日があっとゆう間に過ぎてしまうでしょう。

 

そういった方に完璧に健康的な生活を送りましょう。と勧めても無理があります。
しかし、この世代の方は病気になるリスクもどんどん増えていく世代でもあります。

 

ですので、無理をさせている自分の身体がどうなっているかを医療機関で診てもらうようにしましょう。
そうする事で、自分の身体のどこにボトルネックがあるのかがわかります。

 

病気になっていたとしても、定期的に受診をしていれば、重症化するリスクも減らせます。

 

会社勤めの方は定期的に健診を受けれると思いますが、そういう機会がない方でも、
市の健診や病院でも行っているので少なくとも2年に1度は受診しましょう。

 

もし、身体で悪いところが見つかったのであれば、それを改善するように生活を改めましょう。
ピンポイントで生活を改めればよいので、忙しい毎日を送る方にもそれほど負担にならずに済むと思います。

 

健康を意識するだけでも、生活の質は変わってくると思います。
元気に長生きする為にも、少しずつ身体に良い事をしていきましょう。